美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 I 細胞 ──体をつくる最小の生命体 コリン・ソルター/奈良信雄/三村明子

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 I 細胞 ──体をつくる最小の生命体

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 科学 医学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 I 細胞 ──体をつくる最小の生命体のあらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 私たちのからだは、約60兆個もの細胞によって形づくられている。細胞を表す英語の「cell」は、ラテン語の「cella」(修道院の独居房、区切られた部屋という意味)に由来し、この構造を発見したイギリスの科学者ロバート・フックが1665年に命名した。 ヒトの最も大きな細胞は卵子、最も小さい細胞は精子(頭部)だといわれる。細胞にはさまざまな働きがあり、役割に応じて球形、円盤形、星形など多種多様な姿をしている。無数の細胞が連なって組織となり、組織は器官をつくり、器官が集まって私たちのからだができているのだ。 この章では精子細胞や脳細胞など、からだをつくる細胞の一部を見てみよう。

507円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 I 細胞 ──体をつくる最小の生命体のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP