美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 VI 医薬品 ──科学の発展とその軌跡 コリン・ソルター/奈良信雄/三村明子

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 VI 医薬品 ──科学の発展とその軌跡

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 科学 医学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 VI 医薬品 ──科学の発展とその軌跡のあらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 薬の歴史は、同時に人類の歴史でもある。太古の昔から、からだを壊すと草木などを口にし、場合によって下痢をしたり吐いたり、最悪の場合は死ぬことさえあった。これを繰り返すことによって、薬になるもの、そうでないものを見分けて活用してきた。日本においても、縄文人たちの住居のあとから、薬として使ったと見られる植物が多数発見されている。 それらの植物から、有効成分だけを抽出しようという試みが始まるのは、19世紀以降である。現在も広く使われる鎮痛薬・モルヒネがアヘンから単離されたのはこの頃で、これが近代医学の幕開けともいえる。以降、植物・動物・鉱物などから有効成分を抽出し、化学的に変化を加えたり、合成したりすることで、人類は新しい薬を生み出し続け、病気の克服を目指している。

604円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 VI 医薬品 ──科学の発展とその軌跡のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 VI 医薬品 ──科学の発展とその軌跡を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP