美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 V 病気 ──しのびよる脅威 コリン・ソルター/奈良信雄/三村明子

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 V 病気 ──しのびよる脅威

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 科学 医学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 V 病気 ──しのびよる脅威のあらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 有史以来、人類は細菌やウイルスなど、病原体との闘いを続けてきた。中世にはヨーロッパでペストが大流行し、多くの人命が失われた。 地球上には、ウイルスが1031個も存在するといわれている。温度が一定で、栄養分も豊富な人間の体内は、細菌やウイルスにとって理想的な住処だ。病気のない世界は人類の夢であり続けている。日本においては全国津々浦々に病気平癒を祈願する神社仏閣や祭があることからも、その願いの強さがうかがえる。抗生物質ペニシリンが登場したとき、その夢は実現しかけたかと思われた。 しかし、あっという間に病原菌は逆襲してきた。最も強力な抗生物質さえ効かない耐性菌が、世界で拡大しているのだ。顕微鏡でしか見ることができない極小の敵との闘いが、これからも続いていく。

723円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 V 病気 ──しのびよる脅威のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP