人類滅亡小説 山田宗樹

人類滅亡小説

著者
山田宗樹
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年09月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人類滅亡小説のあらすじ

「嫌われ松子の一生」「百年法」の著者が辿り着いた最高傑作。衝撃の平成版「日本沈没」誕生! 自然環境が激変、人間は死に絶えるのか? 滅びる運命の中、人はいかに生きるのか? 空に浮かぶ雲の中に古代から存在してきた微生物。それらが変異し大量発生、周囲の酸素を吸収するようになった。その雲が自重で地面に落下。その現象が起きた地点は急激な酸欠状態になり、ほとんどの生物が死んでいくという惨状が次々と発生。だがその予測不能な事態にも、人間は有効な手立てを何も見いだせないでいた。 終末感が漂う時代、人々はいかに生きるのかを選び始める。 普段通りの生活を続ける者、 新興宗教に救いを求める者、 微かな生存に望みを託す者、 いっそ鮮やかな死を望む者、 そして――。

1,749円 17ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

人類滅亡小説のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

人類滅亡小説を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP