奇怪な賊 八丁堀「鬼彦組」激闘篇 鳥羽 亮

奇怪な賊 八丁堀「鬼彦組」激闘篇

著者
鳥羽 亮
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2018年09月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奇怪な賊 八丁堀「鬼彦組」激闘篇のあらすじ

「どうやって侵入しやがった!」 日本橋にある薬種問屋・田島屋が賊に襲われ、番頭が殺され、店の金千二百両ほどが盗まれた。早速「鬼彦組」の面々が現場に駆けつけるが、賊がどのように店に侵入したのか、その手立てが皆目見当がつかない。内部から手引きした様子もなく、外部から侵入したに違いないのだが、途方にくれる鬼彦組の面々……。 鳥羽亮の大人気書き下ろし時代小説シリーズ、八丁堀吟味帳「鬼彦組」激闘篇の第4弾。

720円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

奇怪な賊 八丁堀「鬼彦組」激闘篇のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP