騙り屋 新・秋山久蔵御用控(二) 藤井邦夫

騙り屋 新・秋山久蔵御用控(二)

著者
藤井邦夫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2018年09月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

騙り屋 新・秋山久蔵御用控(二)のあらすじ

帰ってきた人気シリーズ、早くも第二弾! 可愛がっている孫に、賭場で借金を作り取り立てられていると泣きつかれた呉服屋の隠居が、二十両を用立てたという。自身も孫ができた弥平次はそれが騙りではないかと疑い、さらに調べると、近ごろ金持ちの年寄り相手に騙りを働く坊主がいるという。卑劣な騙り屋を久蔵たちは追い詰められるのか?

749円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

騙り屋 新・秋山久蔵御用控(二)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP