朝が来る【ポイント還元中(文藝春秋 電書の森)】 辻村深月

朝が来る【ポイント還元中(文藝春秋 電書の森)】

著者
辻村深月
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年09月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝が来る【ポイント還元中(文藝春秋 電書の森)】のあらすじ

第147回直木賞、第15回本屋大賞の受賞作家が到達した新境地! 長く辛い不妊治療の末、栗原清和・佐都子夫婦は、民間団体の仲介で男の子を授かる。朝斗と名づけた我が子はやがて幼稚園に通うまでに成長し、家族は平穏な日々を過ごしていた。そんなある日、夫妻のもとに電話が。それは、息子となった朝斗を「返してほしい」というものだった――。 自分たちの子供を産めずに、特別養子縁組という手段を選んだ夫婦。 中学生で妊娠し、断腸の思いで子供を手放すことになった幼い母。 それぞれの葛藤、人生を丹念に描いた、胸に迫る長編。 河瀬直美監督も推薦! 「このラストシーンはとてつもなく強いリアリティがある。」(解説より)

749円 224ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

朝が来る【ポイント還元中(文藝春秋 電書の森)】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

朝が来る【ポイント還元中(文藝春秋 電書の森)】を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP