作家たちの愚かしくも愛すべき中国 なぜ、彼らは世界に発信するのか? 飯塚容 著訳/高行健 著/余華 著/閻連科 著

作家たちの愚かしくも愛すべき中国 なぜ、彼らは世界に発信するのか?

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作家たちの愚かしくも愛すべき中国 なぜ、彼らは世界に発信するのか?のあらすじ

創作の自由を失い、流浪の旅をへて亡命した高行健は、中国語作家として初めてノーベル賞を受賞した。余華および閻連科は、その著作の過激さから発禁処分を受けるも、内外でノーベル賞の有力候補と言われている。本書は、三人の作家たちの講演、日本の著名作家との対談、オリジナル・インタビューをとおして、世界的に高く評価されている中国文学の魅力と、中国の激動の現代史をリアルに伝える。高行健×大江健三郎、ノーベル賞作家対談を収録。

2,376円 23ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

作家たちの愚かしくも愛すべき中国 なぜ、彼らは世界に発信するのか?のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP