ランドスケープと夏の定理 高島雄哉

ランドスケープと夏の定理

著者
高島雄哉
出版社
東京創元社
ジャンル
文芸 SF・ファンタジー
配信日
2018年08月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドスケープと夏の定理のあらすじ

地球随一の天才物理学者である気の強い姉に、なにかにつけて振りまわされるぼく。大学四年生になる夏に日本でおこなわれた「あの実験」から三年、ぼくはまたしても姉に呼び出された。向かった先は宇宙空間――ラグランジュポイントL2に浮かぶ国際研究施設だ。姉はそこで誰にも知られることなく、宇宙論に関するある途轍もない実験を準備していた。第5回創元SF短編賞を受賞した表題作にはじまる全三話。瀬名秀明が「日本SFの歴史を次の五十年に受け渡す傑作」と激賞した、新時代の理論派ハードSF。/解説=堺三保*本電子書籍は、『ランドスケープと夏の定理』(創元日本SF叢書 2018年8月初版発行)を電子書籍化したものです。

1,800円 18ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ランドスケープと夏の定理のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP