クラシック リバイバル 女人追憶8 富島健夫

クラシック リバイバル 女人追憶8

著者
富島健夫
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシック リバイバル 女人追憶8のあらすじ

帰省列車で隣り合わせた人妻との危険な情事。 夏休みの帰省を前に、下宿先の未亡人ちえに誘われて観劇に行った真吾。厳格な姑のもと貞淑な嫁に徹するちえの意図を測りかねるも、以前の電車内での一件もあり、何かが起こるのではと淡い期待もしていた。解放的な時間のなかで生き生きとしているちえに、はるか年上の女性ながら新鮮な魅力を感じる真吾。案の定、帰り道にひそやかな行為に興じたふたりは、続きは夏休み明けに、と「約束」する。その帰省のために乗った列車では、隣の席の女性・佳子と同郷であることがわかり、話がはずむ。人妻である佳子は、浮気をした夫と一時距離を置くため里帰りするところであった。長時間の乗車中、佳子は真吾としても驚きの大胆な行動に及ぶ。そしてふたりは、帰省先で改めて会うことを「約束」するのだった。故郷の恋人・妙子との関係は良好で、両家の親からも認められ、「婚約」の決意を新たにする真吾。そんな状況にあっても、以前関係した同級生の鈴子と、結婚してからも密会しようと「約束」をする。さまざまな女人たちとの「約束」、共に追い求める官能の世界。真吾の性的探訪の旅は果てなく続いていく。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

クラシック リバイバル 女人追憶8のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP