誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか 山寺香

誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか

著者
山寺香
出版社
ポプラ社
ジャンル
ノンフィクション 人文・社会科学 心理学
配信日
2018年08月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのかのあらすじ

「殺してでも金を借りてこい」。母親からの執拗な脅迫により、実の祖父母を殺害。金品を奪ったとして逮捕された当時17歳の少年。取調べで明らかになったのは、少年が過ごしてきたあまりにも過酷な環境だった。「判決はどうでもいい。自分のような子がいたら救ってあげてほしい。」。逮捕当初から取材にかかわる記者が、少年の犯した罪の実相に迫り、少年犯罪の背景にある闇を暴く渾身のノンフィクション。

1,620円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのかのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

誰もボクを見ていない なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのかを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP