鬼九郎孤月剣 舫鬼九郎4 高橋克彦

鬼九郎孤月剣 舫鬼九郎4

著者
高橋克彦
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2018年08月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼九郎孤月剣 舫鬼九郎4のあらすじ

世にも高貴な血筋を引く美貌の剣士・舫鬼九郎の時代活劇シリーズ完結編 己を狙う“敵”と決着をつけるべく、仲間たちと甲州街道、中山道を京へと上る! 背中一面を覆う愛染明王の刺青。 柳生新陰流を基に長くしなる剣を自在に操る、美貌の剣士・舫鬼九郎。 天皇を父に、将軍の妹を母に、そして現天皇は双子の妹という、高貴な出自でありながら、内裏と幕府の政争の具となり実父から命を狙われ続ける運命を背負う。 己をつけ狙う“敵”と決着をつけるべく、江戸から京の都へ甲州街道から中仙道を上る九郎たちに風魔衆が襲いかかる! 時は寛永二十(1643)年、三大将軍家光の治世。 柳生十兵衛、荒木又右衛門、幡随院長兵衛、天竺徳兵衛、由比正雪、左甚五郎、高尾太夫、大僧正天海、沢庵和尚、そして鄭成功まで、大江戸オールスターズが入り乱れての大激闘が絢爛豪華に開幕! 解説・西上心太

1,399円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

鬼九郎孤月剣 舫鬼九郎4のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP