卑弥呼の葬祭―天照暗殺― 高田崇史

卑弥呼の葬祭―天照暗殺―

著者
高田崇史
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2018年08月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卑弥呼の葬祭―天照暗殺―のあらすじ

宮崎・高千穂の夜神楽の最中、男性の首なし死体が発見された。大分の宇佐神宮では、御霊水の三つの井戸に、女性の首と両手が――。その折も折、萬願寺響子の従弟・漣が、「邪馬台国と卑弥呼の調査に行く」と言い残して行方不明に。続発する怪事件の解決には、日本史の根幹を逆転させる発想が必要だった。長編古代史ミステリー。

1,209円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

卑弥呼の葬祭―天照暗殺―のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

卑弥呼の葬祭―天照暗殺―を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP