ふつうの非婚出産 シングルマザー、新しい「かぞく」を生きる 櫨畑敦子

ふつうの非婚出産 シングルマザー、新しい「かぞく」を生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふつうの非婚出産 シングルマザー、新しい「かぞく」を生きるのあらすじ

結婚はしない。でも、産みたい--。 結婚せずに出産する女性が増えている。統計では、母子家庭における未婚者の割合はこの5年間で3倍近くにも急上昇中だ。彼女たちの存在は、「セックス」「出産」「結婚」が三位一体となっていた時代の終わりを意味しているのだろうか? 著者は、結婚せずに子作りに協力してくれる人を求め、独自の「契約結婚」やゲイカップルとの人工授精を試みるなど、試行錯誤しながら念願の第一子を非婚出産。家族とは何か。結婚とは何か。現在、共同保育を実践中であるシングルマザーの著者が波乱万丈の半生を振り返りつつ、それらの問いについて綴ったエッセイ。 寺脇研氏(元文部官僚)、推薦。著者のドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)放映。

1,263円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ふつうの非婚出産 シングルマザー、新しい「かぞく」を生きるのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ふつうの非婚出産 シングルマザー、新しい「かぞく」を生きるを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP