傭兵団の料理番 1 川井 昂/四季 童子

傭兵団の料理番 1

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年01月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

傭兵団の料理番 1のあらすじ

3000万PVの異世界グルメの新境地。読めば食べたくなる。そして作りたくなる。食の可能性が迸る! 料理人志望の青年・東朱里が異世界にトリップしたところから物語は始まる。 朱里を拾ったのは、傭兵団の団長、ガングレイブ。 雑用として傭兵団に身を寄せる朱里は、徐々に料理の腕を振るうことで自らの存在価値を高めていく。 傭兵団の各隊長たちは一癖も二癖もある人物揃いだったが、朱里は料理を通じて彼らと心を通じ合わせていった。 発明を手伝い、剣の悩みを聞き、恋の後押しをする……。 少しずつ、朱里は傭兵団の仲間たちに認められていく。 しかし、朱里はまだ知らない。 自分自身が英雄として語られる存在になることを。 川井 昂(かわいこう):広島県在住。本作にてデビュー。 四季 童子(しきどうじ):『異世界迷宮でハーレムを』(ヒーロー文庫)、『フルメタル・パニック!』、『セブン=フォートレス』、『モンスターコレクション』などのイラストレーションで知られる人気イラストレーター。

637円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

傭兵団の料理番 1のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP