宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』 宮尾登美子

宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』

著者
宮尾登美子
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 エッセイ・随筆 ドラマ・映画・アニメ
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』のあらすじ

直木賞受賞作品『一絃の琴』、受賞までの日々を綴った随筆集『母のたもと』を収録。付録は一絃琴の名手が伝統と魅力を語る。 一絃琴は1本の絃を張っただけの簡素な琴だ。土佐では坂本龍馬も嗜み、藩士の習い事とされていたが、『一絃の琴』では幕末から昭和に至る時代の変遷を背景に、一絃琴に魅せられた苗(なえ)と、苗の弟子で才能溢れる蘭子の確執を描く。上梓までに17年もの歳月をかけて磨き上げた格調高い筆致は、直木賞選考でも高い評価を受けた。 『母のたもと』は、宮尾が52歳で直木賞を受賞するまでを綴った随筆集。小説家を志し精進を重ねる宮尾の心情、両親や家業のなかで出会った芸娼妓への思いなどが綴られている。 付録では、『一絃の琴』のモデルのひとりとされる秋沢久寿栄(くすえ)が創設した“正曲一絃琴白鷺会”8代目の代表・森本和子にインタビュー。土佐で今日まで受け継がれてきた一絃琴の歴史や魅力などを語る。 ※この作品にはカラー写真が含まれます。

1,512円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP