九十九館で真夜中のお茶会を 屋根裏の訪問者 白洲 梓/しきみ

九十九館で真夜中のお茶会を 屋根裏の訪問者

ジャンル
文芸 小説 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年03月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九十九館で真夜中のお茶会を 屋根裏の訪問者のあらすじ

都内で働く長門つぐみは、祖母の遺言で、九十九館という洋館を相続することに。九十九館は柏木という青年が管理人となり、他に数名の下宿人がいるという。何度か九十九館に訪れるうち、つぐみは下宿人たちとは違う、不思議な存在に気付く。どうやら九十九館には何かが隠されているようだった。それと同時に、二年つきあっていた恋人の圭介との関係もぎくしゃくし始めて?

605円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

九十九館で真夜中のお茶会を 屋根裏の訪問者のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP