天地の螢 日暮し同心始末帖 辻堂魁

天地の螢 日暮し同心始末帖

著者
辻堂魁
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2018年05月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天地の螢 日暮し同心始末帖のあらすじ

恐るべき剣の腕を持つ連続人斬り犯の正体とは? 両国川開き大花火の深夜、薬研堀で勘定組頭が斬殺された。相手に刀を抜く間も与えぬ凄腕に、小野派一刀流の遣い手でもある北町奉行所平同心の日暮龍平は戦慄した。先月の湯島切通しと亀戸村堤での殺しに続く凶行だった。探索の結果、いずれの現場近くにも深川芸者くずれの夜鷹の姿が。やがて、人斬りと女のつながりにたどり着いた龍平は、悲しみと憎しみに包まれた真相に愕然とするが……。剛剣(ごうけん)唸る痛快時代シリーズ「日暮し同心始末帖」、人気快調の第4弾!

669円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

天地の螢 日暮し同心始末帖のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP