逃れ道 日暮し同心始末帖 辻堂魁

逃れ道 日暮し同心始末帖

著者
辻堂魁
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2018年05月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逃れ道 日暮し同心始末帖のあらすじ

評判の絵師とその妻を襲った悪夢とは? 神田堀八丁堤で菱垣(ひがき)廻船問屋の番頭が殺された。臨時で定町廻り方となった北町奉行所平同心の日暮龍平は、早速、事件の担当を引き継ぐが探索は難航する。同じ頃、倅の俊太郎を地廻りから救ってくれた女・お篠に出会う。お篠の夫は、彼女を描いた錦絵が評判を取った絵師だった。ところが、番頭の遺品にその錦絵が見つかるや、お篠の過去に捜索の手が……。秘められた哀しみが涙を誘う「日暮し同心始末帖」シリーズの白眉、万感の第5弾!

680円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

逃れ道 日暮し同心始末帖のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP