栗本薫・中島梓傑作電子全集6  [白銀の神話] 栗本薫(著)/中島梓(著)

栗本薫・中島梓傑作電子全集6 [白銀の神話]

ジャンル
文芸 小説 SF・ファンタジー 文芸 その他
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栗本薫・中島梓傑作電子全集6 [白銀の神話]のあらすじ

クトゥルーの神々の侵略は、戦国時代に始まっていた! 織田信長に姿を変えて邪神を迎え撃つ北斗多一郎の孤独な戦いを描く! 20世紀から戦国時代にタイムスリップした北斗多一郎が目撃したのは、織田信長をはじめとする有力武将や、比叡山などの仏教拠点のほとんどがすでにクトゥルーに乗っ取られているという惨状だった。このままでは歴史は書き換えられ、日本はクトゥルーの支配となってしまう……と察した多一郎は信長に姿を変え、歴史を元の流れに戻すべく孤独な戦いを始めた! 『魔界水滸伝』の外伝として書かれた『白銀の神話』(全4巻)は、大魔王と呼ばれた織田信長の比叡山焼き討ち、荒木村重一族の処刑など、数々の残虐行為や、安土城築城の裏に隠されていたクトゥルー神との戦いを、みづちの長・多一郎の視点で描ききった意欲作。もちろん、美貌の小姓・森蘭丸と信長の、宿命の縁からも目が離せない。 付録の目玉は、全108柱を記した『魔界水滸伝登場人物』自筆メモ。本編には105柱の人物しか登場していないことから、残り3柱の正体がファンの間で長らく取りざたされてきたが、その3柱を含めて108柱すべてがわかるこの自筆メモは、まさにファン必見。そのほか、『魔界水滸伝シリーズ』の創作ノート、『魔界水滸伝』正伝ならびに『白銀の神話』でタッグを組んだ漫画家・永井豪氏への熱い思いを吐露したエッセイとインタビューを収録。また、夫として、担当編集者として、最も近くで栗本を支えた今岡清氏が初めて綴るエッセイ(連載)、さらに実母・山田良子氏の日記から栗本の誕生~大学入学までを記した、『栗本薫の育児日記』(連載)を初めて公開!

1,728円 17ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

栗本薫・中島梓傑作電子全集6 [白銀の神話]のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

栗本薫・中島梓傑作電子全集6 [白銀の神話]の最新書籍ニュース

2017年10月18日 更新

PAGE
TOP