発達障害の親子ケア 親子どちらも発達障害だと思ったときに読む本 宮尾益知

発達障害の親子ケア 親子どちらも発達障害だと思ったときに読む本

ジャンル
医学
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発達障害の親子ケア 親子どちらも発達障害だと思ったときに読む本のあらすじ

子どもの受診をきっかけに、親も発達障害だったとわかるケースが増えています。親が支援を受け、安定して暮らせるようにならなければ、子どもは混乱し家族関係が悪化します。「親子ケア」とは発達障害の親と子を中心として家族全員が支援を受けることです。本書では、家族療法や夫婦カウンセリングで家族全員の協力体制をどのようにつくっていくか、症例ごとに対応策を徹底解説します。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

1,404円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

発達障害の親子ケア 親子どちらも発達障害だと思ったときに読む本のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

発達障害の親子ケア 親子どちらも発達障害だと思ったときに読む本を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP