宮尾登美子 電子全集2『陽暉楼/寒椿』 宮尾登美子

宮尾登美子 電子全集2『陽暉楼/寒椿』

著者
宮尾登美子
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 ドラマ・映画・アニメ
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮尾登美子 電子全集2『陽暉楼/寒椿』のあらすじ

高知を舞台に、芸妓として女としての意地と哀歓を描いた2作品を収録。 付録では、遊廓の歴史や知られざる実像を特集! 高知で花開いた妓楼文化を書き残しておきたい――。宮尾のそんな思いから生まれた作品が『陽暉楼』だ。土佐随一の料亭と謳われた陽暉楼を舞台に、芸妓たちの生きざまや土佐の情景を織り込みながら、実存の名妓・桃若(ももわか)の薄幸な生涯を流麗な筆致で綴る。ひとりの男を愛したことで、過酷な運命を歩むことになる桃若の潔さ、心根が涙を誘う傑作だ。 『寒椿』は、置屋に預けられ姉妹のように育った4人の少女が芸妓となり、その後に歩んだ人生の明暗を4章からなるオムニバス形式で描いていく。貧しさ故に身売りされた女たちを雪に埋もれて咲く寒椿に喩えた、宮尾の思いがこもった作品である。 付録は、遊廓社会を研究テーマのひとつとする大阪市立大学・佐賀朝教授に遊廓の誕生から消滅に至るまでの歴史、花街あるいは花柳界ともいわれる遊廓社会の実像などを訊く。 ※この作品にはカラー写真が含まれます。

1,512円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

宮尾登美子 電子全集2『陽暉楼/寒椿』のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

宮尾登美子 電子全集2『陽暉楼/寒椿』の最新書籍ニュース

2018年02月28日 更新

PAGE
TOP