新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか 北野武

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか

著者
北野武
出版社
幻冬舎
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜかのあらすじ

時代を作る人は、いつだって古い道徳を打ち壊してきた。誰かに押しつけられた道徳ではなく、自分なりの道徳で生きた方がよほど格好いい。自分なりの道徳とはつまり、「自分がどう生きるか」という原則だ。今の大人たちの性根が据わっていないのは、道徳を人まかせにしているからだ。それは、自分の人生を人まかせにするのと同じことだと思う。

471円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜかのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜかの最新書籍ニュース

2018年09月24日 更新

PAGE
TOP