【合本版】侯爵令嬢は手駒を演じる 橘 千秋/蒼崎 律

【合本版】侯爵令嬢は手駒を演じる

ジャンル
文芸 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【合本版】侯爵令嬢は手駒を演じるのあらすじ

社交界では『完璧な淑女』と呼ばれる侯爵令嬢ジュリアンナには秘密があった。『完璧な淑女』は、実は趣味で演じている役に過ぎない。虚構の仮面なのだ! ある日、理想の王子様と称賛されるが、実は腹黒な第二王子エドワードから、何故か王宮に呼び出され、鬼畜な命令をされてしまう。「俺の手駒になってよ、お前に拒否権はない」 (うわぁ……王子ってば真っ黒に輝いているわ)ジュリアンナは悲願達成のために不本意ながら第二王子の手駒として任務に就くのだが……!?  第二回ライト文芸新人賞唯一の『優秀賞』作品! 「――すべてを騙し、命がけの舞台で演じきって 見せると、わたしの誇りに賭けて誓いましょう!」 ※本作品は『侯爵令嬢は手駒を演じる』シリーズ全巻を1冊に収録しております

4,180円 41ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

【合本版】侯爵令嬢は手駒を演じるのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

【合本版】侯爵令嬢は手駒を演じるを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP