出世侍(五) 雨垂れ石を穿つ 千野 隆司

出世侍(五) 雨垂れ石を穿つ

著者
千野 隆司
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年08月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出世侍(五) 雨垂れ石を穿つのあらすじ

将軍御目見の旗本・香坂家へ婿入りし、新御番衆として、江戸城へ出仕する身分となった藤吉。ある日、徳川家斉の増上寺参拝に同行したその帰路で、将軍の駕籠を襲う狂馬が現れた。藤吉はその場を収める活躍をみせるのだが――。狂馬に将軍の駕籠を襲わせたのは何者か? 農民から武士へと出世を果した藤吉の真価が問われる、シリーズ最終巻。

679円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

出世侍(五) 雨垂れ石を穿つのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

出世侍(五) 雨垂れ石を穿つを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP