叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか 池内敏

叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか

著者
池内敏
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
人文・社会科学 日本史
配信日
2019年02月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたかのあらすじ

秀吉の朝鮮出兵から近代まで、日本と朝鮮の交流と衝突。「元禄竹島一件」とよばれる江戸期の事件はどのように近代にまで影響を与えたか。朝鮮通信使と漂流民など、鎖国と日朝関係、そして近代の植民地時代まで。日本人の朝鮮観と日朝関係を、歴史学の成果を駆使して描く。

1,944円 19ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたかのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP