やさぐれ同心忠次郎 渡世人狩り 中岡潤一郎

やさぐれ同心忠次郎 渡世人狩り

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2017年10月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やさぐれ同心忠次郎 渡世人狩りのあらすじ

剣の腕が立ち、頭も切れる若侍、樋口忠次郎は、南町奉行所に勤める熱血同心。やさぐれていたこともあったが、名同心であった亡き父の真意に気づき、日夜、江戸の庶民を守るべく奮闘している。しかし忠次郎には、他人に決して知られてはならない、もうひとつの姿があった。深川を縄張りとするやぶれ組の頭領、白虎の小五郎としての顔である。凄腕やくざ、安兵衛の力を借り、忠次郎は、同心とやくざの親分というふたつの顔を駆使して、市井に巻き起こるさまざまな事件を解決していく。そしてその裏には、深川をつけねらう謎の侠客集団の、恐るべき渡世人狩りの罠が仕掛けられていた……。義に生き、ときに恋にまどう、同心・忠次郎の活躍!

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

やさぐれ同心忠次郎 渡世人狩りのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP