原民喜全詩集 原民喜著

原民喜全詩集

著者
原民喜著
出版社
岩波書店
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2017年08月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原民喜全詩集のあらすじ

「ヒロシマのデルタに 若葉うづまけ/死と焔の記憶に よき祈よ こもれ」(「永遠のみどり」)――広島での原爆被災を描いた小説「夏の花」で知られる原民喜(1905-51)はまた,生涯を詩人として生きた.現実と幻をともに見つめ,喪った者たちのために刻まれた詩は,悲しみと希望の静かな結晶である.詳細な年譜を付す.(解説=若松英輔)

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

原民喜全詩集のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP