笑い ベルクソン著/林達夫訳

笑い

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2017年08月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑いのあらすじ

古来多くの哲学者が人間を「笑うことを心得ている動物」と定義した.フランスの哲学者ベルクソン(一八五九‐一九四一)は,この人間特有の「笑う」という現象とそれを喚起する「おかしみ」の構造とを,古典喜劇に素材を求めて分析し,その社会的意味を解明する.生を純粋持続ととらえる著者の立場が貫かれた一種の古典喜劇論でもある.

777円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

笑いのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP