俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれない 水沢秋生

俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれない

著者
水沢秋生
出版社
光文社
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2017年07月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれないのあらすじ

眠りから覚めるたびに別人になってしまう。年齢も性別もバラバラ、つながりがあるのかどうかもわからない。そもそも、「俺」はいったい誰なんだ――? 事態の打開を試みる俺は、「カップル連続惨殺事件」についての週刊誌の記事に猛烈にひきつけられる。俺がこの事件に関係している? 事件について調べ始めた俺は、何者かに襲われて……。一気読み必至の徹夜本。傑作ジェットコースター・エンターテインメント!!

1,540円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれないのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP