鳥居の向こうは、知らない世界でした。2 群青の花と、異界の迷い子 友麻碧

鳥居の向こうは、知らない世界でした。2 群青の花と、異界の迷い子

著者
友麻碧
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥居の向こうは、知らない世界でした。2 群青の花と、異界の迷い子のあらすじ

異界に迷い込んだ女子大生の千歳は、薬師・零の弟子として働く日々。千歳が弾くピアノは青い光を放つ花を咲かせ、王宮から重宝されていた。ある日、鳥居を越えて来たという腹違いの弟・優に会う。「ごめんって、ずっと、言えなかった」と涙を流す優は、昔、自分のせいで千歳がピアノをやめたことを気にしていた。二人の距離は縮まっていくが……。

679円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

鳥居の向こうは、知らない世界でした。2 群青の花と、異界の迷い子のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP