大前研一と考える“「マツキヨ」「ドンキ」事例で見る小売業の差別化戦略”【大前研一のケーススタディVol.30】 大前研一/ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所

大前研一と考える“「マツキヨ」「ドンキ」事例で見る小売業の差別化戦略”【大前研一のケーススタディVol.30】

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2017年05月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大前研一と考える“「マツキヨ」「ドンキ」事例で見る小売業の差別化戦略”【大前研一のケーススタディVol.30】のあらすじ

■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第30弾 BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。 「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。 本号では、競争が激化する小売業界において、トップシェア企業がさらなる成長を目指すために取るべき戦略を、2つのケーススタディを通じて解説します。 ■もしも、あなたが「マツモトキヨシホールディングスの社長」ならばどうするか? ドラッグストア最大手のマツモトキヨシは、首都圏を中心に展開し、充実した品揃えを武器に国内首位に位置してきた。しかし実質的にはイオングループに追い抜かれており、他の小売業態との競争も激化している。国内市場の成長が鈍化する中、取るべき戦略とは?・ドラッグストア業態はコンビニ・通販と並び、小売市場を牽引 ・進む業界再編と寡占化 ・ドラッグストア業界地図(ハピコム・マツキヨ・他) ・チェーン別の出店戦略/商品戦略 ・鈍化するドラッグストア市場の成長 ⇒今、必要な2つの戦略とは? ■もしも、あなたが「ドンキホーテホールディングスの社長」ならばどうするか? 国内トップの総合ディスカウントストア、ドン・キホーテ。独自のビジネスモデルにより、1号店の出店から連続して増収増益をあげ、現在も競合他社を大きく引き離すスピードで成長している。しかし専門小売業との激しい競争にさらされ、地方の競合企業も多数ひしめく。さらなる成長を目指すためには何をすべきか? ・国内最大手総合ディスカウント、3つの成長要因 ・インバウンド需要を取り込む業態 ・都市とは異なる地方展開の鍵となる商材 ⇒同業/新たな競合との競争の中でさらなる成長に必要な、その特徴を活かした戦略とは?

648円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

大前研一と考える“「マツキヨ」「ドンキ」事例で見る小売業の差別化戦略”【大前研一のケーススタディVol.30】のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP