社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた スディール・ヴェンカテッシュ/望月衛

社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた

ジャンル
社会・政治 ビジネス・経済 経済
配信日
2017年05月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみたのあらすじ

Facebook・ザッカーバーグ激賞の著者最新作! セックス、ドラッグ、そしてビジネス 世界最大の闇都市の真実に迫った10年間の記録。 Floating City: A Rogue Sociologist Lost and Found in New York's Underground Economyの待望の邦訳! 前作『ヤバい社会学:1日だけのギャング・リーダー』はベストセラーとなり、『エコノミスト』誌の「ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、FacebookのCEOザッカーバーグ氏の薦める本23冊にも入っている。本書は、ニューヨークの地下経済でヴェンカテッシュが10年をかけて手に入れ、あるいは失ったものを書いた回顧録だ。 何不自由ない生活をしているのに売春組織を運営する超高学歴セレブ、野心を持ち階級を超えてグローバル都市を生き抜こうとするドラッグの元締め、家族まで呼び寄せたのに犯罪に手を染め去っていく移民、表の世界の成功を夢見て裏世界でもがく人たちなど、出自も目的も結末も異なる老若男女との出会いと別れを通じて、社会学者としての苦悩と成長を描いた稀有な一冊。

2,376円 23ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみたのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP