滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯 杉森久英 著

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯のあらすじ

明治末から大正にかけて『中央公論』主幹を務めた滝田樗陰。低迷する雑誌に文芸欄を設け文壇の登竜門にまで押し上げ、吉野作造を起用して大正デモクラシーの時代を招来した、名編集者とその時代を描く。巻末に吉野ほか谷崎潤一郎、芥川龍之介、菊池寛、山本実彦による追憶記を収録。

777円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯の最新書籍ニュース

現在ニュースの取得に時間がかかっております。しばらくしてから再度表示をご確認下さい

PAGE
TOP