旗本金融道 : 4 斬るも情けの新次郎 経塚丸雄

旗本金融道 : 4 斬るも情けの新次郎

著者
経塚丸雄
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年02月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旗本金融道 : 4 斬るも情けの新次郎のあらすじ

新次郎が榊原家に養子に入ってから、はや二年。榊原家の年間収支が年々減っていることを祖父の源兵衛から責められ、挙げ句の果てには「収支が減った分、利子をつけて、あと100日で728両を用立てろ」と厳命されてしまう。許嫁のお松に泣きつくも、色よい返事はもらえずに落ち込む新次郎だが、そんな折、旧友と再会し、「銭が確実に倍になる、とっておきの儲け話」を打ち明けられる。話題沸騰のシリーズ第四弾!

517円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

旗本金融道 : 4 斬るも情けの新次郎のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP