ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか 国末憲人

ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか

ジャンル
社会・政治
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのかのあらすじ

格差、難民問題を解決できず、党派争いを繰り返す既成政党。その一方で、トランプと同じように「国益第一」を掲げ、国民の不満・不安を吸収して大きく成長してきたポピュリズム勢力。すでに一過性のブームという段階を超え、政権を担える実力を蓄えつつある。  目前に大統領選挙を控え、ルペン・国民戦線の躍進に揺れるフランスを中心に、歴史の転換点にいるヨーロッパのいまを描き出す。

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP