馬賊で見る「満洲」 張作霖のあゆんだ道 澁谷由里

馬賊で見る「満洲」 張作霖のあゆんだ道

ジャンル
人文・社会科学 世界史
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬賊で見る「満洲」 張作霖のあゆんだ道のあらすじ

浅田次郎氏推薦! 覇権を夢見た男の波瀾の生涯とその実像に迫る。馬賊が誕生した清末期。あるものは官憲の銃弾に倒れ、あるものは混乱を潜りぬけ略奪者から脱却し、軍閥の長として中原の覇権をうかがう。覇権に最も近づいた男=「東北王」張作霖とその舞台の激動の歴史をたどり、併せて日本にとって「満洲」とは何だったのかを考える。(講談社選書メチエ)

1,566円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

馬賊で見る「満洲」 張作霖のあゆんだ道のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP