大江戸商い白書 数量分析が解き明かす商人の真実 山室恭子

大江戸商い白書 数量分析が解き明かす商人の真実

ジャンル
人文・社会科学 日本史
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大江戸商い白書 数量分析が解き明かす商人の真実のあらすじ

零細店舗あふれる江戸の町。外食屋七〇〇〇軒。一二六人あたり一軒の古道具屋。米屋は一日三〇名程度の来店客――。十数年しか続かず、血縁原理も働かなかった商家がほとんどだった花のお江戸の商人たちの選択のドラマとは? 狭くて人口密度が高く、売り手買い手ともに自由な一大消費都市江戸の商いのありようとは? 四〇〇〇軒の商家を徹底的に数値解析することで、従来の大商家「越後屋=三井」史観に決別する。(講談社選書メチエ)

1,566円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

大江戸商い白書 数量分析が解き明かす商人の真実のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

大江戸商い白書 数量分析が解き明かす商人の真実の注目の投票ランキング

PAGE
TOP