世界のなかの日清韓関係史 交隣と属国、自主と独立【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】 岡本隆司

世界のなかの日清韓関係史 交隣と属国、自主と独立【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】

ジャンル
人文・社会科学 世界史
配信日
2021年01月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のなかの日清韓関係史 交隣と属国、自主と独立【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】のあらすじ

日清韓――利害と政治の歴史を照射する! 朝鮮半島は、東アジアの国際関係史を考えるうえで、きわめて重要な位置を占めている。16世紀の東アジア情勢から説き起こし、江戸時代の「日朝交隣関係」と「清韓宗属関係」の併存、19世紀後半の「属国自主」を検証。そのうえで、近代の日清韓の利害対立、国際関係の行方を追う力作。日清、日露戦争にいたる道とはなんだったのか、大きなスケールで描く。(講談社選書メチエ)

1,116円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

世界のなかの日清韓関係史 交隣と属国、自主と独立【期間限定価格(冬☆電書2021 選書メチエレーベルフェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP