商店街はいま必要なのか 「日本型流通」の近現代史 満薗勇

商店街はいま必要なのか 「日本型流通」の近現代史

著者
満薗勇
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
ビジネス・経済 経済
配信日
2020年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商店街はいま必要なのか 「日本型流通」の近現代史のあらすじ

「安くて便利で消費者のため」のその先は? 百貨店、地方と都会、戦前の通販の黄金時代、商店街と地域、スーパーと消費者革命、家族経営が基本の、日本型コンビニの誕生と進化。1900年代から現代まで、日本人の買い物の歴史から考える。(講談社現代新書)

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

商店街はいま必要なのか 「日本型流通」の近現代史のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP