見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」 日本地下水学会/井田徹治

見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」

ジャンル
科学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」のあらすじ

地球上の水のほとんどは海水である。人類が使用可能な淡水は、大部分が私たちの足下を流れている地下水なのだ。その量は地球上の水の0.66%にすぎない。しかも一度使った地下水は、再び同じ量が涵養されるまでに、長い歳月を要する。この貴重な資源を科学的に見つめながら、水脈の探し方、井戸の掘り方、汚染対策など最新知識も満載の「水」の見方が変わる本。水質が一覧できる「名水百選ガイド」付き! (ブルーバックス・2009年5月刊)

1,015円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP