立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』 立原正秋

立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』

著者
立原正秋
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』のあらすじ

奈良と東京を舞台に、“新旧の対決”を描いた『春の鐘』は、極上の“大人のメルへン”でもあった。ほか『花のいのち』を併禄。 『春の鐘』は、日経新聞連載作品『残りの雪』から4年後の、昭和48年1月から翌年2月まで、同じく日経朝刊に連載された作品。大学助教授を辞め、美術館の館長として生活の基盤を奈良に置いた鳴海六平太が、彼の留守中に男を作った妻・範子の所業を知った後、信楽の石工の出戻り娘・石本多恵に出会う。奈良に住みだした多恵を、あちらこちらに連れ回す中、やがて二人の心は引かれ合うようになる。夫に恋人が出来たことを知った範子は、二人の愛の巣へ踏みこんでいく……。古寺名刹などの美しい自然描写とともに、美食家・立原の真骨頂とも言える“食べもの”が数多く描写され、後年、蔵原惟繕監督によって映画化された代表作の一つ。ほか、奈良と鎌倉を舞台に、純粋な生き方を求めた女の運命を描いた『花のいのち』を併禄。 付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 十七」など関連エッセイ3作収録。特別付録として、映画『春の鐘』の台本、ポスター、チラシ等を収録。 ※この作品にはカラー写真が含まれます。

1,944円 19ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP