障がい者の旅路(2)~手術は魔法ではなかったのさ!~ 良歌の宮・こころ

障がい者の旅路(2)~手術は魔法ではなかったのさ!~

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス ノンフィクション
配信日
2015年07月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障がい者の旅路(2)~手術は魔法ではなかったのさ!~のあらすじ

手術は傷ついた体を、元に戻してくれるものではないことを知る。術後の体の変貌に私は恐怖した。脊髄の神経を触る手術は「分かったか? こうなるのや!」夢でこえてくる脅しのような声に未来を拒んだ。術後もまだベッド上でウンチもシッコも紙おむつを敷いた上で出していた。明日が想像できなかったが、リハビリは容赦なく始まった。ベッドの端に座り足を下に下ろしたのは始めてだった。ぶらんぶらんと、ただ垂れ下がった肉の塊だった。筋肉を失うということを体感した。靴なんかとても履けやしない。自分の手で自分の足に靴を無理やり履かした。真っ白なバレーシューズ! 小学生の時の上履きを思い出した。惨めな自分しか想像できなかった。息子がいなかったら、今の私はいなかった。

440円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

障がい者の旅路(2)~手術は魔法ではなかったのさ!~のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP