愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家 延江浩

愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家

著者
延江浩
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年08月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家のあらすじ

 昭和という時代、面白い出来事、場所、人の近くには決まって「松任谷家」の人々がいた。そして、昭和をつらぬく精神性の基盤には決まって「頭山家」の信念があった。「松任谷家」の「発明」精神と、「頭山家」の「尊皇」精神ーー。「昭和」を、この上なく面白くスリリングな時代にした両家のハイブリッドの軌跡を描き出す。

1,540円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP