「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか 二宮誠

「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか

著者
二宮誠
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年08月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものかのあらすじ

労働運動ひとすじ40年。全国各地で労働組合の組織化を指揮してきた「伝説のオルガナイザー」が、すべてを語った。ケンカ同然のストライキ、倒産企業の整理でヤクザと対立、労組結成を嫌がる社長への直談判――。格差に苦しむ、すべての労働者のために、時に怒り、時に涙した活動の記録。

858円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP