統合失調症あるいは精神分裂病 精神医学の虚実 計見一雄

統合失調症あるいは精神分裂病 精神医学の虚実

ジャンル
医学
配信日
2019年02月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

統合失調症あるいは精神分裂病 精神医学の虚実のあらすじ

昏迷・妄想・幻聴・視覚変容……これらの症状は何に由来するのか。病名の誕生当初から「人格の崩壊」「知情意の分裂」などと理解されてきた謬見が次第に正されつつある。患者はどうして、どんな不具合を抱えているのか。精神科臨床に長年携わってきた著者が、脳研究の成果も参照し、治療につながる病気の本態と人間の奥底に蠢く「原基的なもの」を語る。

1,134円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

統合失調症あるいは精神分裂病 精神医学の虚実のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

統合失調症あるいは精神分裂病 精神医学の虚実の最新書籍ニュース

2019年04月22日 更新

PAGE
TOP