【期間限定無料】幕末剣士列伝―(下) 岡本洸聖/MBビジネス研究班

【期間限定無料】幕末剣士列伝―(下)

ジャンル
ノンフィクション 人文・社会科学 日本史
配信日
2017年03月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【期間限定無料】幕末剣士列伝―(下)のあらすじ

10分で読めるミニ書籍です(文章量8,000文字程度=紙の書籍の16ページ程度) 「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。 自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。 是非、お試しください。 書籍説明 関ヶ原以来、約300年ぶりの内乱は武士の世の終わりを告げ、 日本が近代国家へと変貌を遂げるターニングポイントとなった。 西洋式調練を施された近代的軍隊である新政府軍と、 新旧の戦闘法が混在する部隊である旧幕府軍の戦闘は、まさに侍にとって最後の舞台となっていった。 矢合わせにとって代わる銃砲撃戦。槍ぶすまを凌駕する白兵突撃。 それらはこれまで侍が経験してきた戦場とはまったく異なる、新時代の戦いをもたらした。 すでに刀槍の時代は終焉を迎えたと、誰もがそう思い知らされたのだ。 だが、最後まで剣を手に、時代に抗った男たちが存在していた。 賊軍の汚名を着ようとも、己の士道を貫いた彼らは歴史に深くその姿を記憶されることとなったのだ。 そして、戦場に出ることのなかった剣士たちの中にもまた、後の世に大いなる影響を与えた人物が数多く存在した。 「術」から「道」へ。 激動の時代を生き抜き、現代にまで伝わる武の精神を崇高な境地にまで高めた達人たちは、どのように幕末を見つめたのか。 「戦場」と「道場」、一見対極にあるかのような二つのフィールドで剣を振るった、男たちの群像を垣間見よう。 著者紹介 岡本 洸聖(オカモト コ… 以上まえがきより抜粋

無料

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

【期間限定無料】幕末剣士列伝―(下)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP