人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか 中川毅

人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか

著者
中川毅
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
科学
配信日
2018年09月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのかのあらすじ

福井県・水月湖に堆積する「年縞」。何万年も前の出来事を年輪のように1年刻みで記録した地層で、現在、年代測定の世界標準となっている。その年縞が明らかにしたのが、現代の温暖化を遥かにしのぐ「激変する気候」だった。人類は誕生から20万年、そのほとんどを現代とはまるで似ていない、気候激変の時代を生き延びてきたのだった。過去の詳細な記録から気候変動のメカニズムに迫り、人類史のスケールで現代を見つめ直します。

993円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのかのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP