ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター> 手島史詞/一色

ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年05月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>のあらすじ

「関わった者は破滅します。例外なくです。あれはそういったものなのです」 ―アーティファクト― それは超常の力を秘め、様々な異能を発動する「魔術師が作った美術品」。 この危険な美術品を専門に展示するという『ナベリウス封印美術館』。 導かれるようにこの館の蒐集士となった、青年ヴォルフと少女ジブリルは、 アーティファクトを回収するため、不思議な騒動や怪事件に挑んでゆく。 「天使を閉じ込めた鳥籠」「生者を虜にする棺」「観る者を溺死させる絵画」「死者を操る仮面」「殺人鬼の妖刀」「茨の棘」 様々なアーティファクトが引き起こした怪事件が二人を待ちうける――。 陰謀渦巻く、ミステリアス伝奇 ――始動――

1,210円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP