昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇) 福田和也

昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇)

著者
福田和也
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 文芸 その他 ノンフィクション
配信日
2016年11月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇)のあらすじ

彼の人は「生前退位」を考えていた! 「私は退位したいと思う。どう思うか」 A級戦犯が処刑された昭和23年12月23日、侍従長へこう尋ねられた。 昭和天皇―彼の人―の視座を借りて、ルーズベルト、ヒトラー、スターリン、蒋介石、マッカーサー、ムッソリーニ、毛沢東といった現代史のメインプレイヤーから、戦陣に赴き、生還を期しながら斃れていった人たち、市井にひっそりとつましく生きている人々にいたるまでの膨大な人物と、事件を包含しつつ、昭和という時代を背景としたドラマを描く大作がついに完結。 第7巻では、昭和20年8月16日から、サンフランシスコ講和条約の批准書に署名した昭和26年11月19日までの、敗戦から立ち上が昭和天皇と国民を描く。

749円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP